オリジナルTシャツ

Tシャツ制作は業者に依頼するのがベター

「オリジナルTシャツ」は、イベントやお祭りで着用するとみんなの気持ちがつながり絆を深めるアイテムです。イベントやお祭りを成功させたい、それならTシャツをプリント制作してみましょう。無地のTシャツを購入して最初から最後まで自分で手がけると、不馴れなことが多くなにかと面倒です。完成させるまでにそうとうな時間を費やすことが予測されます。
それなら段取りよくスピーディーにプリント仕上げしてくれる制作業者に依頼したほうが無難です。プリント業者を選ぶときは、デザインの案の入稿や修正をするときにメール以外に電話やファックスで対応してくれるかチェックしておきましょう。手書きデザインやラフ案で受け付けてもらえることも確認しておくとよいでしょう。
また、気持ちよく利用するには、スタッフの対応の良し悪しも大事です。どんなに安くても電話対応の態度が良くない、オプションを無理にすすめてくる、なにかとめんどくさがるところは外しましょう。素人では分からない専門用語で話すところも、相手側の気持ちを考えていません。素人でも分かりやすく説明をしてくれる業者を選択しましょう。少し高額でも対応の良い業者に選んだほうが「この業者に依頼して良かった」と思えます。

オリジナルTシャツは素材が重要

「オリジナルTシャツ」をつくるとき、制作会社は使用するTシャツの品質でセレクトしましょう。耐久性が低くすぐにダメになってしまう生地ではどんなに素晴らしいデザインもプリント時に台無しになってしまいます。素敵なデザインを長く維持させるためにも良い生地にこだわりましょう。素材で最も定番なのはコットンです。ただコットンにもさまざまな編み方があり、同じ素材でもプリント結果がまったく違うものに思えることもあります。
編み方で老朽するスピードも異なるので、それぞれの特性を調べておきましょう。また、耐久性が高くて肌触りが良くても乾きにくいと汗をかいたときに気持ちよく過ごせません。頻繁に取り変えざるを得ないことになるので、スポーツ、仕事目的で制作するのであれば乾きやすいプリントTシャツ素材を選択しましょう。
また、トータルでかかる費用を調べておくことも忘れてはなりません。送料や代引き手数料、消費税、梱包料金の有無も確かめておく必要があります。キャンセルしたときにキャンセル料金が発生するのかも確かめておきましょう。また、早く仕上げることで別途費用がかかる業者もあります。できるだけ追加費用をかけずに早く仕上げたい人は、シルクスクリーンではなくジェットインク印刷を選ぶと良いでしょう。

オリジナルTシャツ制作する際の注意点

オリジナルTシャツは、学園祭やイベントなど、様々な場面で活躍します。そんな中でオリジナルTシャツを制作しようと検討している方も多くいるのではないでしょうか?そこで今回はオリジナルTシャツを制作する際の注意点を紹介していきたいと思います。
■オリジナルTシャツの注意点
まず絶対に注意しなければならないのが、著作権です。
意外にわからずに使ってしまう場合が多いですが、無断で使用するのは、違法となってしまいます。ディズニーのキャラクターなんかは、可愛いので使いやすいですが、許可をとる必要があります。しかし、ディズニーは許可がおりないので、おりたらラッキーと考えましょう。
■プリント方法なども確認しておく
オリジナルTシャツでは、プリント方法も様々ありますが、生地との相性もあります。
だいたいインジェットプリントが殆どですが、この方法ですと、ポリエステルが含まれている生地ですとダメなので、そのへんの確認もしっかり行わなければなりません。
■まとめ
いかがでしょうか?この様にオリジナルTシャツを作るには、様々な注意点があります。中でも著作権は絶対に守って下さい。この様な点に注意してオリジナルTシャツを制作するといいでしょう。

ニュース

2017年09月13日
人々が変化をさせたTシャツの存在を追加しました。
2017年09月13日
Tシャツを着こなす際の最重要ポイントを追加しました。
2017年09月13日
私のオリジナルTシャツについてを追加しました。
2017年09月13日
オリジナルTシャツを作ろうよを追加しました。